霊波之光 釧路礼拝所青年部 にこにこ広場










霊波之光 釧路礼拝所青年部の活動を紹介するブログです。
北の大地からの熱い思いをお伝えさせて頂きます。

カーネーション

こんばんは!ジョバンニです!
昨日は御内室様の御命日でしたね。
私は毎朝礼拝所で7時のお祈りをさせて頂くために、早朝参拝をしているのですが、
昨日の朝参拝すると、礼拝室に赤いカーネーションが飾られていました!
とても綺麗で、心が洗われるようでした!(*^∀^*)

御内室様は、御聖行中の御守護神様のお留守を守り、4人の御子様方を御育てになられました。
どんなに困難とぶつかっても、決して愚痴を言う事なく、
ただ多くの人が幸せになる事のみを考え、御守護神様の御聖行を陰で支えて下さいました。
何があっても決して愚痴を言わない、というのは、簡単にできる事ではありませんよね。
この御高徳に心から感謝し、私達も御内室様のようになれるよう努力をさせて頂きましょう!

日常生活を送る中で、愚痴を言いたくなったり、不平不満の心になってしまう事…ありますよね。
そのような心になってしまった時は、心の中でお祈りをさせて頂きましょう。
そして、愚痴や不平不満の代わりに、何か一つでも良いので感謝できることを探してみましょう!

今、この記事を読んで、
「そんな事、私にできるかな~?」
「気が乗らないな~」
「そんな事言ったって、何に感謝すればいいのさ~?」
と、思った方も、きっといらっしゃると思います。
完璧にできなくても、気が乗らなくても、1回でも良いので、まずは素直にやらせて頂きましょう♪
何も感謝する事が思いつかないよー!という方は、夜寝る前に「今日も一日、生きていられた事」に対して感謝してみましょう!
きっと良き道を頂けますよ♪

それでは、今日はこの辺で!

こんばんは🙋🏻シンキチです🤗

明日は6月3日 御内室様の御命日ですね。
御内室様のエピソードの1つとして🍀

昭和32年4月より仮本山の建設が始まり 建立に向けてご奉仕に来られた方々に御内室様は色々とお気遣い下さいました。
お茶を入れて下さったり、おにぎりを出して下さったり。基礎を固めるために御一緒に縄を引いて汗を流して下さる時も度々でした。
工事開始から1ケ月位には3坪の小屋が出来、御守護神様と御家族は仮住いになられました。

稲刈りが終わった11月末頃に仮本山の建物が出来上がっていましたが、御守護内室様の御姿が見えない。
御内室様は、行に行かれたんだろうと周りは受け止めました。
仮本山が完成し、以前にも増して大勢の方が御力を頂かれましたが苦しみから助けられても御教えが分からずに元の状態に戻ってしまう方も少なかったため、御守護神様は、御教えを理解してもらおうと映画の製作に力を注いで下さり8ミリの 神への道の製作が始まったのです。

御守護神様はどうしても映画に加えたいものがあるとおっしゃられました。それは御内室様に与えられた御目的と影の御苦労でした。
そして、その時既に御内室様が亡くなっていることを初めて知らされたのです。

映画が完成し、試写会が終わりましたあと
初めて御内室様の御命日が行われました。
昭和39年6月3日です。

全て私達の為に道を開いて下さる為に定めとはいえ、このような過酷な神への道を歩んで下さったのです。

明日釧路礼拝所では、午前10時から11時30分まで
講話室で御内室様 御命日集会が行われます。
是非参加して下さいm(__)m
また午前10時30分と午後1時の2回

「御内室様御命日紹介ビデオ」上映されます‼️image

こんばんは(^-^)
今日の釧路は寒いです…>_<…

先日の函館礼拝所落成式に参加された方の喜びを早速連絡頂いたのでお伝えさせて頂きますね🙋🏻

🎀青年部のAさんのお話🎀

私は出発2日前くらいから腰痛が気になりバス移動が不安でしたが、函館に着いて気づくと全く痛みがなくなっていました。そして落成式当日に現象をいただきました。
函館礼拝所の感謝金をさせて頂いてすぐに 信者さんにお会いし結婚したことを報告しました。
するとその場でお祝い金をいただき、感謝金と同じ額で驚いて母に伝えると、その方がさっきのお金じゃ足りないわ‼️と一回返してと言われその倍の金額に入れ替えて更にいただき驚きました😳

式典が始まり気がつくとまた腰が痛み出しました。司会の方のお話しで結合のお祈りの大切さのお話しが心に響いて最近自分にお祈りが足りないと感じていたので、真剣なお祈りをさせていただくと腰痛が少しづつ良くなり、釧路礼拝所の駐車場に着いてからまっすぐ家に帰り夜中を過ぎましたが予定よりも1時間以上早く帰って来れて痛みは全くありませんでした😢
反省と前進の2日間でした!

まだ他にも体験 喜びがあるかと思います🍀🍀
色々聞きたいですね〜p(^_^)qimage

このページのトップヘ