霊波之光 釧路礼拝所青年部 にこにこ広場










霊波之光 釧路礼拝所青年部の活動を紹介するブログです。
北の大地からの熱い思いをお伝えさせて頂きます。

カテゴリ: 御教え

あけましておめでとうございます(≧∇≦)
今年もよろしくお願いします!
なつです(^-^)/

霊波104年が始まりましたね!!!
今年も明るく、楽しく、元気に過ごせるといいなーって、思っています。
今年も、ご本山に参拝にいくのが楽しみです(≧∇≦)

私事になりますが、
もう少しで、センター試験があります。
もう、おばちゃんに近い歳の私が、
昔に諦めた夢、Drになるを今度は諦めずに必死に頑張ってみよう、叶えたいって思えるくらい、心も体も元気になりました。

お勉強は、楽しいですねー(笑)

こうやって、
頑張ろうという前向きな気持ちと頑張れる体に感謝の気持ちを持って、試験を楽しみたいと思います。

こんばんは(^-^)/
なつです。2回目の登場です!!

正直に話すと、ブログ書くのを忘れてまして、後でもいいから書いてもいいとのことだったので、書かせていただいています。

忘れってぽいので、紙に書いても見ないと(苦笑)

私の趣味は、読書で、
本が物凄く好きなので、部屋が本だらけになりそうになってきています。
整理整頓しないと…。

部屋のきれいさは、心の中を映す鏡だとある本に書いてありました。ごちゃごちゃした部屋だと、心の中もごちゃごちゃしているんだとか。


二代様も、整理整頓の御教えをお話されてますね。



本との出会いは、
人との出会いと似ていて、何冊もの中から「これは!!」って1冊に出会える。なかなか出会えないのも、楽しさのひとつでは、あります。


人との出会いは、数学的に言っても奇跡に近い数字だそうです。
だからこそ、人と出会える奇跡を感謝して日々過ごしたいなーと思います。
笑顔で、ありがとうって感謝の気持ちで過ごせると、それが他人からもそのように返ってくるから、笑顔が増えるんですね(笑)


こんばんは(^-^)/
今回初めてブログに参加のナツです!!みんなのように、上手くないけどよろしくお願いします。

「いっさいのものと和解できる心をつくろうとする努力するのが、信仰の正しい心の在り方であり、それが信仰者本当の歩み方である」
と、いうことを書いた紙を毎朝眺めては、いっさいのものと和解できる心…と自分に言い聞かせています。
努力することを忘れないように。


あと、毎朝鏡の自分に挨拶をしています。
「ナツさん、おはようございます。今日も1日よろしくお願いします。」
と、言っています。

これが、私の毎日の日課です。


御守護神様や二代様の御教えが、私の心を支えてくれています。御守護神様が、いつも一緒にいてくれる。
御守護神様を知らなかったら、私の心は遠い昔に、砕け散ってしまっていただろうなーと思います。


私は、障害のある人をサポートする仕事をしています。ある人がいつも私を見たあと、私の後ろをジーッと見て、時々ニコってする人がいるんです。その時は、私と目が合わない。何年もそうなので、なんでなのかな?って疑問に思ってました。ある時、役員さんから ナツちゃんの後ろにも、いつも御守護神様がついててくれてるんだよ(^-^)/って言われて、気がつきました。そうか、あの人には御守護神様が見えてるんだ。お話が出来ない方なので、言葉で聞くことは出来ません。でも、そうだと思います。御守護神様は、いつも一緒にいてくださるのだと思うと、幸せですね(^O^)

インコ

こんばんは!(*^o^*)
ジョバンニです!

この間お滝で浄化されたばかりだというのに、早くも心にチリが積もってきたな~と感じていました。
不服・不平・不満の心が湧いてきそうになったり、イラッとしてしまったり、あの人苦手だな~とか思ってしまったり…
他人の事で、ああでもないこうでもないと考えてしまいます。
もちろん、そういう時には御守護神様!とお祈りをしているのですが、スッと心を切り替えるということが、まだまだ苦手だったりします。

今日は職場で勘違いから、自分でもビックリなことをしてしまってとても焦ったのですが、
そうだ!こんな時は自分一人だけでお祈りするんじゃなくて、家族にもお祈りをしてもらおう!
家族信仰なんだから!と思って、お父さんとお母さんにメールで、「今大変な事になっているので、解決できるようにお祈りして!」お願いしました。
すると、それまで30分間もどうしよう…と困っていた問題が、メールを送ってから1分も経たないうちに解決してしまったのです!!
その後無事に家に帰る事ができ、これは絶対御守護神様だ!と思いました!
家に帰ってから事の顛末を話すと、私のメールを見たお父さんとお母さんが、すぐさま神棚の前で私の為にお祈りをしてくれた事がわかりました!
お祈りが一瞬で御守護神様に通じたのだなと思いました!

とても大変な目にあったけど、無事に帰宅して、暖かい家の中でご飯を食べることができて、御守護神様、お父さん、お母さんに感謝することができました。
そして、最近の自分の心がよくない方にひっぱられてるな…初心に戻らないとな…という気持ちになってきました。

心を御守護神様に向けさせて頂くために、何か読ませて頂こう!と思い、何を読もうかな~?THE REIHA?機関紙?御教え本?と考えていき、御書が思い浮かんだ時、これだ!と思いました。
すぐに自分の部屋から御書を持ってきて、一番最初に載っている御神域のお写真をまず見させて頂きました。
私の御書は少し古いので、カラーではなく白黒の写真が載っています。
それから背表紙を開いて、御書につけているカバーの裏面を見ました。
するとそこに、かなり以前に挟んでおいた、古い機関誌のコピーが挟まっているのを見つけました。
昭和60年10月15日に発行された記事で、そこに書かれている「天地いっさいのものと和解せよ」という御教えが目に留まり、すぐに読ませて頂きました。

「"天地いっさいのものと和解せよ"というのは難しいことではないよ。
この広大な宇宙の無限の時の流れの中で、偶然にも同じ時代・同じ場所へ生まれ合わせた者同士が憎みあったり、嫌いあったりするというのは、何と小さい事だろうと思わないかい。
人間の一生の間に、世界中の人と知り合うことなどできることではないのだから、せめてこの会い難い世に出会った同じ時代の人間は、他人のためにも自分のためにも真心を尽くしあっていくべきなんじゃないかな。」
と、お神子さんとしてお仕えしていた方に、御守護神様が御話をして下さったという内容でした。

他人の事で悩んでばかりの私にぴったりの記事で、これも御守護神様が見せて下さったのだなと思いました!
同じ時代・同じ場所で巡り合うことがどれほどの事なのか、スケールがあまりにも大きくて、その凄さをまだ実感できていませんが、理解できるまで何回も読ませて頂こうと思います!

このページのトップヘ